FC2ブログ

構造壁 

【201106_10】構造壁設置_構造設計者の検査
今回は、構造壁の設置です。
外壁の構造壁は、高断熱工法で硬質ウレタンの断熱材を用いるため、筋交いは一切使わず構造用合板での工事になります。201106_1614_convert_20201109162746.jpeg
こういう合板です。釘のピッチで合板の強度を保つものです。合板に釘の種類、ピッチによる強度の倍率が書いてあるのでその通りに施工していきます。
201106_1645_convert_20201109162731.jpeg
内部から見た状態です。間柱及び柱に先ほどのピッチの釘を打っていきます。
筋交いは入っていませんね?ここに断熱材がびっちりはいるからです。



内部の壁には断熱材は入れないので、筋交いでの構造壁仕上げです。
いわゆるタスキがけです。
201106_1650_convert_20201109163309_.jpeg

右側に見えるのが内部壁です。ここには断熱材は入らないのでたすき掛けしています。
こういう部分を在来工法と言います。今回の高気密高断熱住宅は室内の壁などを、在来工法で納めます。
以下は少しそのおさまりの部分を説明します。
201110_1206_convert_20201110182959.jpeg
ここは柱脚。建築基準法の告示で決められている金物を施工します。小さく見える金物ですが大事です。
201110_1208_convert_20201110183059.jpeg
柱頭です。
201110_1209_convert_20201110183119.jpeg
内部なので在来工法のおさまり。

このように、あくまで外壁の断熱材の断面欠損をさせないが強度はしっかり出す、という概念で工事が進められます。
メーカーや建売の作り方とは違い、注文住宅はこのように一つ一つを丁寧に作っていきます。時間がかかってしまうのもしょうがないですね。

201110_1223_convert_20201110183514_2020111018392121d.jpeg

構造設計者の方です。一つずつ金物やおさまりをチェックしてくれています。
横浜から来てくださいました!








基礎断熱_02 

基礎断熱その2です。
木造住宅で1階床の断熱は2通りあり、今回のように基礎に断熱を施す「基礎断熱」、もしくは1階床に断熱を施す「床断熱」(一般にはこの工法が多いです)があります。それぞれ利点欠点がありますが、今回は基礎内をチャンバーとして空気を流すので基礎断熱工法を採用します。これは外部から90㎝までを断熱材で施工する、という方法です。固定はボンドで行います。
写真の水色の板状のものがスタイロフォーム(断熱材)です。
ここで写真をよく見ていただくとわかるように、それぞれのスタイロフォームに番号が振ってあります。これは図面から正確に大きさをはかり、事前に場所ごとにスタイロフォームを切っておくのです。こうすることで隙間なく正確に断熱材が敷かれます。しかも事前カットなので、工期も短縮されます。
今回の現場は、1階の面積約50㎡ですが午前中で終わってしまいました。
2010_金山邸67_02_convert_20201118103156
職人さんによってそれぞれ設置されるスタイロフォーム。

2010_金山邸76__convert_20201118103601
2010_金山邸86__convert_20201118103623
ほぼ、引き終わりました。

さて、工程は前後しますが丁度スタイロフォームを引くとき、もう一方の職人さんは基礎の気密パッキンと、金物設置をしてくれています。この金物が非常に重要です。HSフレームシステムと言うもので、有名な建築家の方々、公共の建物でも採用されています。
HSフレームシステムについてですが、そのカタログからの抜粋ですがとても合理的な考え方で製品化されてるようです。フランチャイズになっているわけでもないし、ライセンス料を払うものでもないらしく個人住宅でも使えるシステムです。
以下、抜粋です


従来の木造工法では、接合部の仕口加工で断面欠損が耐震化を図るうえで大きな弱点となっていました。特に、通し柱での断面欠損が大きく過去の大地震でもこの部分で曲げ破壊が発生し建物が倒壊する事例が多く見られました。一方HSフレーム仕口は断面欠損が小さいので耐震化を図ることが可能となりました。また、HSフレームシステムは熟練した技術がなくても簡単に精度よく施工することができ、工期短縮にもつながります。


その通りだと思います。
HSフレームシステムと基礎とのジョイントいわゆるホールダウン金物(柱脚と基礎を固定する金物)の位置が大変重要だということを前述しましたが、熟練した技術は不要でも注意深く正確な工事が必要だと感じました。
2010_金山邸53__convert_20201118110059
金物を設置しているところ。

2010_金山邸74__convert_20201118110226
金物が設置され(この上に柱がジョイントされていきます。)基礎パッキンも設置されました。

以前は基礎パッキンは基礎内の通気のためメッシュ状のものを使いますが、今回はここも気密性を上げます。
その代わり、基礎内はチャンバーとして空気は常に動きますので基礎は乾燥した状態が維持されます。

次回は基礎内に設置される空調機械、およびダクト工事のご紹介をいたします。






基礎断熱 

【201019】
18日が雨だったので、1日順延され19日になりました。しかし午後から雨の予定、、、。雨の降る前に施工してしまう予定です。
というのは、基礎断熱はスタイロフォームで行うため水分を吸ってはNGなのです。(後日、雨が降りましたがブルーシートで覆ってくれました)
まずは、掃除です。2010_金山邸48__convert_20201117174545
丁度水をぬぐう前の職人さんです。この後、雑巾でぬぐってくれました。
また、箒で細かいごみをはいて基礎コンクリートはすっきりきれいになりました。

今回の全館換気のシステムはこの基礎に置くため、基礎梁にはスリーブがあります。
このシステムは高気密住宅には適しております。なぜなら、外壁に孔をなるべくあけては性能が落ちてしまうからです。

2010_金山邸38__convert_20201117180402
この左の大きな穴がダクト用です。右側の小さなものは、水抜きです。水抜きが終わったらふさぎます。

また、柱が来るところに金物を入れますがこれは非常に重要で通常でしたら少しのずれでも問題はないのですが、今回はの工法は許容範囲は1,2ミリです。これがきちんとできる施工業者でないと、建物の耐震等級は確保できないそうです。
2010_金山邸41__convert_20201117180927
このコーナーの金物ですね。
その上にこのような金物がきます。
2010_金山邸74__convert_20201117181143

この上に柱がジョイントされビスで留めます。
こうすることで強度を保つのです。

この工程が非常に大事で、在来の工法に比べ柱や梁の断面欠損を減少します。
それにより柱を105角にしても、十分強度は確保できます。

基礎断熱は、次回に続きます。






更地_根伐り_基礎配筋工事 

【201007@K邸現場 配筋検査】
建物の基礎の鉄筋が、図面通りにできてるかを構造の設計者に確認してもらってます。
この規模の場合は構造設計者の現場検査は義務ではないのですが、私の設計では可能な限り見てもらうようにしています。
基礎工事_配筋検査
現場の担当者(左)と構造設計者(右)です。
とてもきれいにできていると、安心できる言葉をいただきました。

基礎工事_配筋検査

人通口にも補強を施しています

今回の工事はべた基礎内に換気設備機械を設置、空気が基礎内を流れるので、人通口という基礎梁途中に幅60㎝程度のアキを作ります。配筋もそこをきちんと補強します。


更地_根伐り_基礎配筋工事 

【200930基礎工事】

改めて敷地です。
更地の状況。ここにクライアントの4人の家族が暮らします。(なるべく隣地の状況をわからないように編集していますので見にくいですがこんな感じ。)

01423ab74c6b32dfb96378ae88ae5e11ef8d76ee4c.jpg

前面道路は北側の7.5mくらいの広さです。これくらい広いと車も入れやすいですね。

やり方・根伐り・捨てコンを行います。

基礎工事_建物基礎底まで根伐りをします。
根伐りをしています。この辺りは地盤がよくて安心です。

捨てコン後の防湿シートと配筋が始まっていました。捨てコン時は、訪れることができず写真がありません。(施工者は記録していますので、大丈夫です)
2010_金山邸24__convert_20201104161251

この後、構造設計者の方に配筋検査をしてもらいます。









基礎工事_前半 いい写真をがありました。配筋途中のものです。(10/4) 今の時点ではもうここは見られません。