FC2ブログ

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 

家具蔵 アプローチ

昨日、青山の家具蔵さんで打ち合わせをしました。
まずは、アプローチからです。とてもセンス良いアプローチ、床は大谷石と砂利、壁はリズム感のある木で構成されています。暖かさを感じます。

モネとジヴェルニーの画家たち 

 先日、渋谷東急のbunkamuraで開催されている「モネとジヴェルニーの画家たち」を見てきた。
 年譜から、、、1883年4月にモネ42歳のときジヴェルニーに移住。その時は300人程度の村でほとんどが農民だった。1887年に7人の画家が移り住みこれがジヴェルニーが芸術家村となる始まりだった。この年、画家たちのたまり場となる「ボーディーホテル」が開業(現在はカフェ)。その後もモネをしたって大勢の画家が移り住む。
 モネは以前から好きで、パリに行くとジヴェルニーの訪問を思うのだがスケジュールがなかなかあかず、結局今でも訪れていない。今回ジヴェルニーがモネの庭だけではなかったというのも初めて知りました。
 そこで見た作品でモネは「ジヴェルニーの冬」1886年(少しラフな感じがしました)「ジヴェルニーの冬」1885年(こちらは細かい)「ジヴェルニー付近のリメツの草原」1888年(とても淡い色合い)、ジョン・レスリー・ブレックの「秋(新月)、ジヴェルニー」1889年「ジヴェルニーの庭」セオドア・アール・バトラー「トランプをする人々」「画家のこどもたち、ジェイムズとリリー」がよかったな。

 いつかまたパリに行った時、今度は訪れてみようっと。

知人からのお便り 

昨日、二組の友人から素敵なお便りがあった。
 まず大塚聡さん。この方は舞台設計も手掛ける建築家で今回はその舞台設計のほうの展覧会、「広場をつくる・広場を動かす」です。ユニークな活躍をされていて、まさにそのままの温かい人柄の大塚さんからのお誘い。是非伺おうと思っている。
 もうひとつは「ライフアンドシェルター社」からThePaperというA3の編集された、事務所の紹介。スタッフや現在の活動内容を紹介しているThePaperはここでは表すことはできないが、事務所の方針そのままと思える、生き生きとして個々を大事にしながらもとだえることない人と人のつながりを感じる彼らの思いがストレートに表現されたとても素敵なものでした。今年のODKに来た年賀状(おそらくご本人は不本意だと思いますが、まとめちゃう)ではNo.1です。ちなみに昨年までは、グラフィックデザイナーの明松聡さん一番でした。ランクは私が勝手につけたものだけどね。 
 
どちらも年賀状のお返しメッセージとともににくださったもの。

 もう少し前には大先輩で、本当に尊敬する樋口清先生から心のこもったお便りをいただいた。樋口先生は御歳90歳で目のほうもだいぶ見えずらくなってきていて、数年前には「今後は年賀状を失礼します。」とわざわざお手紙をいただいたのですが、個人的に私から送ってしまっている年賀状(もちろんお返事は不要です、と書いています)に対してのもの。書くのも難儀なのが分かる、使い込んでいる万年筆から書かれている、ゆれている字体からにじみ出る気遣いのある人間性、何度も涙が出てきてしまった。

こんな人達になりたい、と思います。

父の初めてのデイケア 

父がきょう、初めてデイケアに行ってきた。
引っ越してから場所にも慣れておらず、少し心配したが帰ってきた表情はとても明るい。

介護保険は絶対使うべきです。

YouTube@Terra100729 

 今年7月29日にやった池さんとのライブの様子が1曲YouTubeにUpされました。RecardBossaNovaです。よろしければ聴いてください。
 
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。