FC2ブログ

気密検査_C値なんと0.3㎠/㎡!! 

【201207】気密検査
この日はクライアント、工務店、設計者ともドキドキのC値の測定です。
ネットでは見ていましたがバズーカ砲のような機械を窓に設置して測りました。
201208_金山邸_(6)_convert_20210209163326201208_金山邸_(1)_convert_20210209163250

ゴーっと音がして数分。「出ました」と係の方がおっしゃった先には数値が!


なんと、201208_金山邸_(4)__LI_convert_20210209164007 0.3という数値!これはびっくりの数値です。
同じ材料を使ったとしても施工の腕で変わる数値です。今回のサクタスタイルさんはセミナーなどにも参加して施工の勉強をしています。それぞれの職人は、高気密高断熱に長けた方。そのチームワークがあってこその数値です。
実際の単位は0.3㎠/㎡!この建物すべての外壁で名刺一枚くらいの隙間しかない!というお墨付きです。

若い現場監督、Kさんの顔がほころびほっと安心の表情がマスクをされていてもわかりました。
クライアントも納得の表情!後日、証明書が発行されます。

※C値とは住宅における相当隙間面積のことです。 建物全体にある隙間面積(cm2)を延床面積(m2)で割った数値で、建物の気密性能の指標として用いられています。
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://atelierodk.blog25.fc2.com/tb.php/126-c4f3f2b0