FC2ブログ

天井下地_屋根通気_壁施工デモンストレーション 

2020_11_18と21に現場に行ってきました。
18日に確認したのは天井の下地の枠組みです。この格子状になっている角材の中に配線や配管、ダクトが収まっていきます。
いわゆる「ふところ」もしくは「天井裏」と呼ばれる個所です。
201118_IMG_1322_convert_20201121174630.jpg 201118_IMG_1323_convert_20201121174836.jpg

外部のバルコニーの部分です。板が密状態に設置されている部分に物干し金物を設置します。
金物などの設置は、このように下地をつけてつけなければなりません。
201118_IMG_1319_convert_20201121175203.jpg

屋根の通気です。
屋根の下には外からは見えませんが角材(垂木)が設置されています。
今回は屋根断熱を行うので、垂木間に「アクエアー」という通気段ボールを施工します。
この屋根通気はとても大切でここをしっかりやらないと、構造体が結露してしまい屋根の構造が腐ってしまいます。

img_aquair_01_convert_20201121180444.jpg
今回の通気用の段ボール「アクアエアー」
(画像はアクエアーのメーカーからお借りしました。)

台形型の段ボールを逆さに設置し空間を空気が常に行き来します。通気を施すことで屋根の野地板などが腐らないのです。
しかしこの通気は外気なので外と同じ温度。今回の高気密高断熱においては直接建物内に入れてはなりません。
そこで、通気層と屋根裏の間に断熱層を後日200㎜吹き付けます。こうすることで通気層は断熱が介在し、建物に直接影響を与えないのです。断熱材吹付は、またアップしますね。
201118_IMG_1329_convert_20201121181301.jpg

屋根を見上げたところです。母屋の上に垂木があり垂木間にアクアエアーが設置されています。

【壁断熱_デモンストレーション】
また21日に、旧知のライターさんをお声がけし現場を見ていただきました。
その際、外壁の施工デモンストレーションをやっていただきました。
まずは、構造用合板の四方にシールをします。

201121_IMG_1346_convert_20201121181617.jpg
四方にシーリングガンでシールをしているところ。

そこにネオマフォームをしっかりとはめ込みます。
これは、事前にここに合うようにカットしてあるのでぴったりです。
201121_IMG_1347_convert_20201121181808.jpg
はめ込んでいるところです。




スポンサーサイト



アートゲイト荻窪2020を見に行きました。 


友人の建築家、堀川秀夫氏がプロジューサーのアートゲート荻窪2020-プロローグ展-を案内いただきました。
この日は、堀川氏の展示を中心に見ましたが、9月末からちょくちょく伺って、他の方の展示も拝見しました。
商店街の活性化と、コロナに負けるな!と、展示も力強いものが多いような気がします。
会期 令和2年9/24~11/22アートゲイト荻窪2020

IMG_1298_convert_20201118120143.jpg
まずは商店街入り口。華やかです。

IMG_1301_convert_20201118120210.jpg
IMG_1304_convert_20201118120226.jpg
途中の二枚

IMG_1307_convert_20201118120259.jpg
衛生病院近くまで続きます。
一部は事情により撤去されたとのことですが、まだ楽しめます。お近くの方は見に行ってみてね。

サッシ取付_横断幕設置 

高気密高断熱で重要な、サッシの取り付けが始まりました。
おっとその前に
わが事務所の横断幕をつけてもらいました。デザインは私がしたのですが、細かい調整をデザイナーのSさんにおねがいしました.。
ちょっとしたフォントや文字位置を調整してもらいましたが、その少しで見栄えは全く違います。
IMG_1284_convert_20201117164622.jpg
こんな感じです。このスローガンを考えるのに1週間かけました(笑)。
IMG_1285_convert_20201118113434.jpg

私が設計を生業にして30年以上ですが大事なことだな、と思っていることです。
横の、サクタスタイルさんの垂れ幕も、いいですよね。

IMG_1288_convert_20201117164908.jpg  IMG_1287_convert_20201118113626.jpg
サッシです。高気密高断熱用のアルゴンガス入りLowEガラス2枚の樹脂サッシです。
昔は樹脂サッシより、アルミサッシを使っていましたが断熱性能を考えると、やはり樹脂か木のサッシが適していると思います。
ここはちょうど玄関横のライトコートです。大きな嵌め殺しサッシで、植えた樹木を眺められるようにしています。
四季折々、玄関からは樹木の移ろいを見ながら、四季を感じます。訪問者もこの眺めにはきっと心が落ち着かれると思います。
今、クライアントと何を植えようか?と、悩んでいます。
この住宅は、植栽を植えるためのスペースが用意されています。正面の庭、中央の庭、奥の庭、、生活動線上にふっとある空間、生活に溶け込めるといいなぁと思っております。

IMG_1292_convert_20201118114045.jpg

今回のLowEガラスは、ブルーにしました。空が映り込んでいるようで清々しいです。

IMG_1290_convert_20201117165019.jpg
別の部屋ですが、内側から見たところです。

また、断熱材を貼るときに外壁の隙があるところは内側から徹底的にコーキングをしています。
こうすることでこの建物で隙間がはがき一枚以下になるようにします。
IMG_1295_convert_20201117165034.jpg
白く見えるのが、コーキングです。







断熱材設置!! 

いよいよ断熱材の設置です。
間柱の間に、工房であらかじめカットして持ってきた断熱材を決まった個所に次々にはめ込んでいきます。職人さんはこの工法に慣れているらしく、てきぱきとすすめていました。
IMG_1272_convert_20201115173419.jpg
間柱の間にはめ込まれた断熱材
IMG_1274_convert_20201115173711.jpg
ここにL30と書いてあります。断熱材にも同じ名前がついていてそれをここにはめ込みます。
プレカットをしてる構造体であるため、このように狂いがなくぴったりとはめ込まれます。

IMG_1277_convert_20201115174042.jpg
こんな感じにピタッと収まります。
万が一、2㎜以上の隙があればそこはコーキングで埋めます。
こうして高気密高断熱の住宅外壁部に断熱材が施工されます。

明日からは、樹脂サッシの取り付けが始まります。


続きを読む

外壁仕上げ提案_断熱材到着_屋根工事開始 

今日はクライアントと、現場に行ってきました。

●外部仕上げ提案
仕上げのご提案です。木造在来工法は基本的に
・屋根
・樋
・破風板
・外壁
・サッシ色
・樋色
・基礎水切り etc
色だけでもたくさんあります。
決めるのはもう少し先ですが、IMG_1244_convert_20201112171937.jpeg
見本をそろえて現場で見ていただきました。

●防蟻処理
建物本体の工事に関しては、防蟻処理を構造用合板に施します。
IMG_1239_convert_20201112172349.jpeg
内部から見た写真

IMG_1237_convert_20201112172622.jpeg
外部を施工しているところ。

●断熱材
私が今までやっていた施工では、グラスウールという柔らかいものを入れてりましたが今回は高気密高断熱住宅ということで、ネオマフォームを使います。工場で細かく切ってきて、それぞれ間柱の間に入れ込みます。こうすることで隙間を可能な限りなくし、気密性断熱性を上げます。

IMG_1242_convert_20201112173205.jpeg
ネオマフォーム厚さ66㎜です。これを入れるとコンセントも収まります。

IMG_1243_convert_20201112173225.jpeg
それぞれ、名前がついています。これが壁の決まった位置に設置されます。
ネオマフォームについては、構造でカットしてきてもらっているので現場での手間は、設置のみになります。
こうすることで人件費の削減ができ、効率よく高性能の断熱で施工できます。

最後に、屋根材の写真です。
瓦棒噴きの瓦棒の部分ですね。屋根材はシルバーを使います。こうすることで太陽光からの熱を反射させ、夏の空調負荷低減を行います。黒やこい茶色などは、吸収しますので暑くなりやすいそうです。
IMG_1234_convert_20201112174011.jpeg
こんな色です。

IMG_1257(1)_convert_20201112175820.jpg
職人さんが施工してくれています。

明日は、床材とカーテンのショールーム見学です。わくわく!ヾ(o´∀`o)ノ



構造壁 

【201106_10】構造壁設置_構造設計者の検査
今回は、構造壁の設置です。
外壁の構造壁は、高断熱工法で硬質ウレタンの断熱材を用いるため、筋交いは一切使わず構造用合板での工事になります。201106_1614_convert_20201109162746.jpeg
こういう合板です。釘のピッチで合板の強度を保つものです。合板に釘の種類、ピッチによる強度の倍率が書いてあるのでその通りに施工していきます。
201106_1645_convert_20201109162731.jpeg
内部から見た状態です。間柱及び柱に先ほどのピッチの釘を打っていきます。
筋交いは入っていませんね?ここに断熱材がびっちりはいるからです。



内部の壁には断熱材は入れないので、筋交いでの構造壁仕上げです。
いわゆるタスキがけです。
201106_1650_convert_20201109163309_.jpeg

右側に見えるのが内部壁です。ここには断熱材は入らないのでたすき掛けしています。
こういう部分を在来工法と言います。今回の高気密高断熱住宅は室内の壁などを、在来工法で納めます。
以下は少しそのおさまりの部分を説明します。
201110_1206_convert_20201110182959.jpeg
ここは柱脚。建築基準法の告示で決められている金物を施工します。小さく見える金物ですが大事です。
201110_1208_convert_20201110183059.jpeg
柱頭です。
201110_1209_convert_20201110183119.jpeg
内部なので在来工法のおさまり。

このように、あくまで外壁の断熱材の断面欠損をさせないが強度はしっかり出す、という概念で工事が進められます。
メーカーや建売の作り方とは違い、注文住宅はこのように一つ一つを丁寧に作っていきます。時間がかかってしまうのもしょうがないですね。

201110_1223_convert_20201110183514_2020111018392121d.jpeg

構造設計者の方です。一つずつ金物やおさまりをチェックしてくれています。
横浜から来てくださいました!